スタッフ

杉本 ゆかり Yukari Sugimoto

博士(経営管理:中央大学)
ASI主席研究員
跡見学園女子大学マネジメント学部兼任講師(マーケティング論・企業マネジメント入門担当)
群馬大学大学院非常勤講師(実践リーダーシップ特論担当)

主たる書籍・論文
  1. 「外来診療における患者満足に関する先行研究レビュー」『中央大学大学院研究年報』第5号戦略経営研究科篇(2018年)
  2. 「診療所スタッフ(医師・看護師・医療スタッフ)のスキルが患者満足に及ぼす影響―慢性疾患患者別アプローチ―」『日本医療マネジメント学会雑誌』第19巻第2号(2018年)共著:中村博・真野俊樹
  3. 「診療所の受診先選択に関する慢性疾患患者の意思決定プロセス」『医療と社会』Vol.30No.3(2020年)共著:中村博
  4. 「生活習慣病を含めた慢性疾患患者のインサイトを探る-外来診療における継続受診行動の解明-」『戦略経営ジャーナル』Vol.8No.1(2020)共著:中村博
  5. 『患者インサイトを探る-継続受診行動を導く医療マーケティング-』(千倉書房2020年)

吉井 健 Ken Yoshii

博士(学術:中央大学)
ASI主任研究員
大妻女子大学家政学部准教授(ファッションマーケティング等担当)

主たる書籍・論文
  1. 『オムニチャネル環境における消費者行動の理解-ショールーマーとリバース・ショールーマーの情報探索と購買プロセス-』(人間生活文化研究所, 2021)
  2. ショールーミング志向者のアパレル商品購買に向けた情報探索と購買行動の研究―リアル店舗とネット店舗でのプロモーション施策の検討―(2019), プロモーショナル・マーケティング研究, Vol.12, pp. 23-44.
  3. オムニチャネル環境における, アパレル商品を対象とした消費者のライフスタイル志向購買とマーケティング施策の研究(2020), 市場創造研究, 第9巻, pp. 5-22.
  4. リアル店舗におけるアパレル商品の購買満足要因 -知覚リスク低減効果への満足感とライフスタイル志向の考察-(2020), 日本衣服学会誌, 第64巻, pp. 21-38.
  5. マルチチャネルショッパーにおける, ビジュアル・マーチャンダイジングへの満足感と知覚リスク低減効果との関係性(2020) , 人間生活文化研究, 第30号, pp978-996

鈴木 一正 Kazumasa Suzuki

修士(MBA:中央大学)
ASI主任研究員
東京家政学院大学現代生活学部兼任講師(マーケティング論担当)

主たる書籍・論文
  1. 『「タンスの中まで知る」伝説の ONE TO ONE マーケティング ~日本橋三越における帳場制度とお得意様営業~』(東京図書出版 2018年)
  2. 『三越本店・栄光の5年』(東京図書出版 共著2019年)
  3. 「百貨店を活用した地域経済活性化に関する提言」(流通経済研究所打倒コロナ⾷農対策論⽂実⾏委員会』(2020年)
  4. 「顧客戦略が百貨店再生の鍵に 最前線の中心は外商担当者」『ストアーズレポート No.651』(ストアーズ社 2021年)

堀合 洋介 Yosuke Horiai

横浜国立大学教育学部卒
ASI特別研究員

主たる書籍・論文
  1. 「SNSとID-POSの結合によるカスタマー・ジャーニーの把握の試み」,公益財団法人流通経済研究所流通情報,No.539, Vol51 No2(2019年),共著:中村博・村上雅洋

高橋 政博 Masahiro Takahashi

山口大学人文学部卒、ASI 事務局

主たる書籍・論文
  1. 「間違いだらけの“ポイントカードシステム”」(商業界『食品商業』2005年8月号~12月号)
  2. 「顧客データを売り場に生かす」(商業界『販売革新』2010年7月号)