ASI アジアショッパーインサイト研究会

購買の瞬間を探る

ASIとは

アジアショッパーインサイト研究会(Asia Shopper Insight Institute:ASI)は、小売業の経営戦略やDX活用の実際を確認し、メーカーの商品戦略や流通営業戦略をショッパー視点で明らかにしようとする産学研究会です。ショッパーのブランド購買についてリアル店舗およびネットスーパーにおけるカスタマー・ジャーニーを把握します。購買の瞬間を購買前・購買・購買後に分け、それぞれの瞬間の購買行動および意識・無意識の感情の動きを実験・調査等によって実証的に分析し、感動的な顧客体験を提供するブランドおよび売場(ネット含む)のマーケティングの仮説づくり行う研究会です。
具体的なテーマは以下の通りです。

  1. 小売業の4つの提供価値とDX活用についてケーススタディを行います
  2. 購買前・購買・購買後のカスタマー・ジャーニーにおけるショッパーの購買行動をニューロサイエンスの視点から明らかにします
  3. 顧客体験価値を高めるショッパーの意識/無意識の購買:非計画購買の発生メカニズムを把握し、マーチャンダイジングおよびマーケティング施策の示唆を得ます
  4. 消費者の健康やヘルスケアに対する関心と店頭における購買行動を健常者と比較検討します

主催
中央大学ビジネススクール中村博研究室
アジアショッパーインサイト研究会事務局

コーディネーター

中村 博 Hiroshi Nakamura

中央大学ビジネススクール教授(「マーケティング戦略」「流通営業戦略論」を担当)早稲田大学商学部卒業後、博士(経営学:学習院大学)
専修大学商学部を経て、中央大学ビジネススクール教授、公益財団法人流通経済研究所理事

主著に『新製品のマーケティング』(中央経済社2001年)、『マーケット・セグメンテーション-購買履歴データを用いた市場機会の発見-』(白桃書房 編著 2008 年)、『ショッパーマーケティング』(日本経済新聞出版社 共著 2011年)、「SNSとID-POSの結合によるカスタマージャーニーの把握の試み」(流通情報2019年7月号)、「コロナ禍で加速するネット通販」(流通情報2020年11月号)、「コロナ禍・DX化で成長する小売業の提供価値」(流通情報2021年5月号)、小売業のトップとのインタビュー「リーダーの戦略(トライアル西川副会長、サツドラ富山社長)」(流通情報2020年1月号)など。

5期研究テーマ 流通業のDX活用戦略
カスタマー・ジャーニーにおけるショッパーの購買行動
ショッパーの意識/無意識の購買:非計画購買の発生メカニズム
消費者の健康やヘルスケア商品に対する購買行動

研究課題01

小売業の4つの提供価値とDXの活用

小売業の提供価値を、利便性価値、経済性価値、ブランド(PB)価値、顧客体験価値の4つに分けて、それぞれの提供価値にDXをどのように活用すべきかをケースを中心に検討します。あわせて、それぞれの提供価値を実現するためにメーカーはどのようにコラボレーションすべきか、検討します。検討するDXは、下記の領域です。

・オムニチャネルリテーリング(利便性価値提供)
・AI活用による自動発注と需要予測など(経済性価値提供)
・エシカル消費に対応した商品(PB含む)開発(ブランド価値提供)
・ビッグデータ(ID-POSなど)活用によるレコメンデーション(顧客体験価値提供)
・デジタルサイネージなどの活用によるインストアマーケティング(顧客体験価値提供)

研究課題02

購買前・購買・購買後のカスタマー・ジャーニーの実証研究

ショッパーのカスタマー・ジャーニー(下図)の購買前・購買・購買後の瞬間の各コンタクト・ポイントが新規購買・継続購買に与える影響について検証します。この研究会が所有するSNSデータとID-POSを結合したコネクテッド・カスタマーに対する実験からネット広告や店頭の刺激策の効果を検索履歴・購買履歴データから明らかにします。

研究課題03

顧客体験価値を高めるショッパーの意識/無意識の購買:非計画購買の発生メカニズムの把握とMDとマーケティング施策への活用を検討

リアル店舗およびネット通販の売場で買物を楽しくする非計画購買の発生メカニズムについて調査分析し、顧客体験価値の増加策について検討します。ショッパーの「思わず買ってしまう」メカニズムを意識・無意識の両面からニューロサイエンスの知見を活用しながら実証研究を行います。

研究課題04

消費者の健康やヘルスケアに対する関心と購買行動の把握

2210万人(予備軍含め)とも言われる生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病など)の消費者の購買行動は健常者と違いがあります。生活習慣病をもつショッパーのインサイト把握と流通・販売の対応戦略について検討します。

ASI5期スケジュール

2021年7月~2022年4月

1
通算30回
  1. DX下の小売業のマーケティングおよびショッパーインサイトのマーケティング活用
  2. コンビニエンスストアの商品戦略
2
通算31回
  1. 小売業のDXとメーカーの対応戦略
  2. マーチャンダイジング&販売促進戦略の現状と方向性
3
通算32回
  1. 小売業(主としてスーパーマーケット)の今後の戦略展望
  2. オムニチャネル・ショッパーの売上貢献と獲得戦略
4
通算33回
  1. スーパーマーケットの非計画購買の発生と売場の状況仮説
  2. ネット時代の食品小売業の経営戦略
5
通算34回
  1. 生協の商品戦略
  2. プライベートブランドの動向と最適シェア
6
通算35回
  1. SMの経営戦略(顧客体験を中心に)
  2. ヘルスケア・マーケティング:ショッパーの店頭の購買動機調査報告
7
通算36回
  1. オムニチャンネル戦略
  2. カスタマージャーニー実験報告
8
通算37回
  1. ネット通販の成長戦略
  2. 5期ASIのまとめ(小売業の提供価値とメーカーのブランド対応)

スタッフ

杉本 ゆかり Yukari Sugimoto

博士(経営管理:中央大学)
ASI主席研究員
跡見学園女子大学マネジメント学部兼任講師(マーケティング論・企業マネジメント入門担当)
群馬大学大学院非常勤講師(実践リーダーシップ特論担当)

主たる書籍・論文
  1. 「外来診療における患者満足に関する先行研究レビュー」『中央大学大学院研究年報』第5号戦略経営研究科篇(2018年)
  2. 「診療所スタッフ(医師・看護師・医療スタッフ)のスキルが患者満足に及ぼす影響―慢性疾患患者別アプローチ―」『日本医療マネジメント学会雑誌』第19巻第2号(2018年)共著:中村博・真野俊樹
  3. 「診療所の受診先選択に関する慢性疾患患者の意思決定プロセス」『医療と社会』Vol.30No.3(2020年)共著:中村博
  4. 「生活習慣病を含めた慢性疾患患者のインサイトを探る-外来診療における継続受診行動の解明-」『戦略経営ジャーナル』Vol.8No.1(2020)共著:中村博
  5. 『患者インサイトを探る-継続受診行動を導く医療マーケティング-』(千倉書房2020年)

吉井 健 Ken Yoshii

博士(学術:中央大学)
ASI主任研究員
大妻女子大学家政学部准教授(ファッションマーケティング等担当)

主たる書籍・論文
  1. 『オムニチャネル環境における消費者行動の理解-ショールーマーとリバース・ショールーマーの情報探索と購買プロセス-』(人間生活文化研究所, 2021)
  2. ショールーミング志向者のアパレル商品購買に向けた情報探索と購買行動の研究―リアル店舗とネット店舗でのプロモーション施策の検討―(2019), プロモーショナル・マーケティング研究, Vol.12, pp. 23-44.
  3. オムニチャネル環境における, アパレル商品を対象とした消費者のライフスタイル志向購買とマーケティング施策の研究(2020), 市場創造研究, 第9巻, pp. 5-22.
  4. リアル店舗におけるアパレル商品の購買満足要因 -知覚リスク低減効果への満足感とライフスタイル志向の考察-(2020), 日本衣服学会誌, 第64巻, pp. 21-38.
  5. マルチチャネルショッパーにおける, ビジュアル・マーチャンダイジングへの満足感と知覚リスク低減効果との関係性(2020) , 人間生活文化研究, 第30号, pp978-996

鈴木 一正 Kazumasa Suzuki

修士(MBA:中央大学)
ASI主任研究員
東京家政学院大学現代生活学部兼任講師(マーケティング論担当)

主たる書籍・論文
  1. 『「タンスの中まで知る」伝説の ONE TO ONE マーケティング ~日本橋三越における帳場制度とお得意様営業~』(東京図書出版 2018年)
  2. 『三越本店・栄光の5年』(東京図書出版 共著2019年)
  3. 「百貨店を活用した地域経済活性化に関する提言」(流通経済研究所打倒コロナ⾷農対策論⽂実⾏委員会』(2020年)
  4. 「顧客戦略が百貨店再生の鍵に 最前線の中心は外商担当者」『ストアーズレポート No.651』(ストアーズ社 2021年)

高橋 政博 Masahiro Takahashi

山口大学人文学部卒、ASI 事務局

主たる書籍・論文
  1. 「間違いだらけの“ポイントカードシステム”」(商業界『食品商業』2005年8月号~12月号)
  2. 「顧客データを売り場に生かす」(商業界『販売革新』2010年7月号)

会場アクセス

所在地 中央大学後楽園キャンパス (後楽園)3号館 中央大学ビジネススクール 中村博研究室

〒 112-8551 東京都文京区春日1-13-27


[後楽園キャンパスへのアクセス]

●東京メトロ丸ノ内線・南北線『後楽園駅』から徒歩約5分
●都営三田線・大江戸線『春日駅』から徒歩約6分
●JR中央・総武線『水道橋駅』から徒歩約12分
●JR中央・総武線『飯田橋駅』から徒歩約17分
※春日通り沿いに正門、東門があります。

お問い合わせ

ASI 研究会のスケジュールや内容に関するお問い合わせは下記の問い合わせフォームより必要事項をご記入のうえ、送信してください。

    氏名 必須
    フリガナ 必須
    企業名 必須
    部署名 必須
    役職名
    メールアドレス 必須
    電話番号 必須
    郵便番号 必須
    -
    ご住所1 必須
    ご住所2(番地・建物名などご入力ください) 必須
    ご用件 必須